ー 日本天文考古学会が2019年3月30日に設立されました ー

“The Astronomical Archeology Society of Japan” was founded in March 30, 2019

この度、いよいよ天文考古学会設立に向けて舵を切ろうとしています。これを成功させるには、天文考古学の必要性を認識していただいている皆さんの後ろ盾が必要です。諸外国に天文考古学会が存在しているのに、日本には何故存在しないのでしょうか。それは、日本人の学問に対する閉鎖性、即ち、天文学や考古学はそれぞれ独立した学問として確立していますが、天文考古学というどちらとも違うファジーな学問を受け付ける素地が無いのです。この環境を打破し、日本に天文考古学を根付かせることが必要です。そのために皆さんの力が必要なのです。日本に天文考古学という新しい学問領域が生まれる口開けに立ち会えるという稀有なチャンスです。ぜひ、日本天文考古学会に参加し、日本の天文考古学の扉を開いてください。

This time, we are trying to establish the Astronomical Archeology Society of Japan. In order for this to be successful, cooperation from everyone who is aware of the necessity of astronomical archeology is necessary.

Astronomical archeology society exists in other countries. However, there is no astronomical archeology society in Japan.

In Japan, astronomy and archeology are established independently as academic disciplines.

However, due to the closeness of the Japanese to academics, we will not accept fuzzy academic disciplines like "Astronomical Archeology"

It is necessary to break down this environment and root the astronomical archeology in Japan. To do that we need your strength.

It is a rare opportunity to meet in the moment a new academic field called astronomical archeology society is born in Japan.

 

Please join the Astronomical Archeology Society of Japan and open the doors of Japanese astronomical archeology.

学会誌3号が発刊されました


2021年3月1日 日本天文考古学会の学会誌3号を発刊しました。

 

 学会誌についての詳細はこちらへ

学会誌を購入したい方は、こちらへ

 

 

 

学会員募集中


 2019年3月30日に創立記念総会が開催され、「日本天文考古学会」が設立いたしました。

日本天文考古学会では、学会員を募集しています。

 

日本天文考古学会への入会方法はこちらへ。

 



お知らせ

 

最新の情報は、facebookページでお知らせしています。

下の「facebookに接続する」ボタンをクリックするとfacebookページをご覧いただけます。



金山巨石群


岐阜県下呂市金山町の岩屋ダムの近くにある巨石群。

1998年に小林由来氏と徳田紫穂氏によって発見され、金山巨石群リサーチセンターによって継続調査されている。

岩屋に射し込むスポット光などによって、太陽暦を観測できる天文台としての機能を有している巨石群。

The kanayama megalith group is located near the Iwaya dam in Kanayama Town, Gero city of Gifu Prefecture. Mr. Yoshiki Kobayashi and Ms. Shiho Tokuda discovered in 1998. Kanayama megalith group research center is continuing the investigation. This megalith group has a function as an observatory which can observe the solar calendar by spot light etc. to be shot into Iwaya.

 

 

白石の鼻巨石群


愛媛県松山市の海岸にある巨石群。

2008年に篠澤邦彦氏によって発見され、白石の鼻巨石群調査委員会によって継続調査されている。

秋分・春分の日の入りの太陽光が岩のスリットを通して見ることができる三つ石をはじめ冬至の太陽光を見ることができる亀石など太陽軌道の特異点を知らせる天文観測装置を備えた巨石群。

 

 Shiraishi-no-hana megalith group is on the coast of Matsuyama - shi, Ehime Prefecture. Mr. Shinozawa Kunihiko discovered in 2008. Shiraishi-no-hana megalith group investigation committee is continuing the investigation. "Mitsuishi" that the sunshine of autumn and spring equinox can be seen through the rock slit, and, "Kameishi" that can see the sunlight of the winter solstice, etc. A group of megaliths equipped with astronomical observation equipment to inform the singularities of the solar orbit.

山添村巨石群


奈良県山添村の神野山にある巨石群。

2001年に柳原輝明氏によって発見され、山添村いわくら文化研究会によって継続調査されている。

鍋倉渓を天の川と考えたときに、王塚が白鳥座のデネブ、八畳岩が琴座のベガ、天狗岩が鷲座のアルタイル、竜王岩がさそり座のアンタレスの位置にあるなど神野山全体が天球を写している。

Yamazoe village megalithic group is in Kounoyama, Yamazoe village, Nara prefecture. Mr.Teruaki Yanagihara discovered in 2001. Yamazoe village Iwakura Culture Study Group is continuing the investigation. When “Nabekurakei” is considered as a Milky Way, “Ozuka” is in the position of Deneb, that of “Hachijoiwa” is Vega, that of “Tenguiwa” is that of Altile, and “Ryuoiwa” is that of Antares. From this, the whole of Konoyama captures the celestial sphere.

 


日本天文考古学会の公式facebookページです。

日本天文考古学会設立までの情報交換の場として天文考古学facebookグループが設置されています。